そもそも

 インターネットという公器を使わせていただきながら、基本的には、身内、親戚、友人・知人達に対する「生きてるぞお」というメッセージ発信のための、極めて私的で自己中心的なサイトです。

 そろそろの定年を前にして、その先如何に生きるべきか?なんてそんな大袈裟なものでもないのだが、常々の無計画性がたたってか、早い話が老後の蓄え極めて乏しく、諸式おしなべて高直な都会生活を今後も続けること能わず、何よりも、もう都会生活の必要もなくなるわけで、これから先、もうしばらく生きて行くためには?自給自足しかないだろう、それに自然豊かな土地での晴耕雨読もこれまた楽しかろうと、定年を待たずに、体が言うことをきくうちにと、ひと足お先に一家して神奈川県から父祖の地「阿蘇」に生活の拠を移して、せめて?気持ちだけはノンビリ暮らそうということになった。
ワイド画像入口

<--クリックするとワイド画像に、但し170KB


 これから僅かばかりの蓄えを全部吐き出して家を建て、なまった体を鍛えなおして畑仕事を覚えて、出来うる限りの自給自足の新しい生活が始まる。

 家族の気持ちが一緒なのが嬉しくもあり、心強くもある。

 畑を耕して、手当たり次第に野菜を植えて、出来れば稲も植えて、果樹も植えて、犬や猫、それに鶏を飼って、出来ればヤギも飼って(牛や馬は無理だな)、炭を焼いて、パンも焼いて、そばを打って、漬け物も納豆も自家製で、本を読んで、音楽を聴いて、絵を描いて、アマチュア無線を楽しんで、ミニログハウスをセルフビルドして、もちろんインターネットで物理的距離を飛び越えて文化的な刺激にも接して、それからそれから・・・
オイオイそんな余裕はあるんかいな。

 いくつ実現できるか分からないけど、時間だけはタップリありそうだから、ひとつひとつ実現していこうと思う。

 すべてが新しいことで、試行錯誤の毎日になるだろうから、その暮らしの奮闘ぶりを出来るだけ詳細に記録していこうと思ってこのサイトを作った。

 サブタイトル「田舎暮らし奮闘記」の「田舎」は、「ふるさと」「田園」「山里」「自然」といったニュアンスの、非常に悩ましく魅力的な響きを持った言葉である。

2001年(平成13年)8月


サイト名の由来
 小生の本名の一字に「風」という字を使っている。だから文字通り友人知人親戚縁者宛の小生からの便りという意味がある。そして、もうひとつ、数十年を関東で暮らし、還暦を前に、突然無謀・無計画的に父祖の地阿蘇に家族で移り住んだので、なんでもアイツ、風の便りによると阿蘇で生きているみたいだよ、のいわゆる風の便りの意味がある。 

 従って皆さん小生のことを「かぜさん」と呼んでくださっているが、本人は内心、音読みで「ふうさん」の方が良いと思っているのである。そのほうがカッコいいと思っているのである。